英語

TOEICとVERSANTどちらを受験すべきか【徹底比較】

こんにちは、バイリー(@buysideleman)です。

この記事を読むと、TOEICとVERSANT受験どちらが自分に合っているか判断できます。

TOEICとVERSANTについて調べて目的別にどちらが良いか見えてきたのでまとめました。

試験 目的 料金 場所・時間
TOEIC(Listening & Reading Test) リスニング、文章読解力の計測に良い 7,810円(税込) 指定された受験会場

マークシート方式

2時間

TOEIC(Speaking & Writing Tests) スピーキング、ライティング力の計測に良い

スピーキングのみのテストもあり

10,450円(税込)

スピーキングのみ6,930円(税込)

指定された受験会場

設置されているPCヘッドセット使用

セット1時間50分

スピーキングのみ50分

VERSANT テストが3種類の中から選べる①スピーキング、②ライティング、③総合力(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング
4技能の総合的な英語力を測定)
スピーキングのみ5,500円(税込み)

スピーキング&ライティングセット 8,800円(税込み)

ライティングのみ 4,400円(税込み)

スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング総合テスト 7,700円(税込み)

場所はどこでもOK。

ネットつながる環境でアプリかブラウザ使用。

約15分


世間一般の認知では一口にTOEICといった場合、リスニング&リーディングを指しています。

VERSANTはまだまだ認知度としてはTOEICに比べ劣りますが、英会話力を手軽に測る指標としてはベストです。

調べた結果、まとめると実践的なスピーキング能力を測りたい場合はVERSANT、リーディングメインの英語力であればTOEIC、という区分になるかと思います。

僕の場合は、外資系企業に勤めていて、会議が最低限成立するレベルのスピーキング力が必要なのでVersantをこれから選択します。

これまではTOEIC受験を繰り返したおかげでリーディング、リスニング能力の底上げをすることができました。

以下はVERSANTが公表しているスコアの目安です。https://www.versant.jp/score.html

私自身は最終目標は58を目指していこうと思います。(最低限海外本社とのコールが成立するレベル)

今月に初回受験予定なので結果も含めて感想をまた更新いたします。